C.O.U.はWILD SWANS(ワイルドスワンズ)革製品を取り扱う直営店である他、様々な価値観や文化、良いものとの出会いを提供できるお店を目指しております。

Material/Maintenance

ロシア/ハッチグレインについて

アメリカ ホーウィン社 Horween Leather Company

ホーウィン社はアメリカ・イリノイ州シカゴに本拠地を構えるタンナーで、100年以上の歴史を誇る、伝統的且つ世界的なタンナーです。ホーウィン社はコードバン革(馬の臀部を削り出した革)の生産で有名ですが、コードバンに限らずクロムエクセルレザー等、良質な牛革も数多く生産しつづけています。

その中でも非常に珍しいロシア/ハッチグレインは、かつて世界で最も優れたレザーとして珍重され、高価なものであった幻の革「ロシアンカーフ」をホーウィン社が現代に蘇らせ再現した皮革です。

ロシアンカーフは1700年代のロシア帝国においてトナカイの原皮を原料として製造されておりました。しかしロシア革命と共にその鞣しの技術も消失してしまったため現在は生産されることが無い皮革です。1973年に英国南西部のプリマス湾沖に沈んでいた1隻の帆船の積荷が引き上げられた際に、その荷物の中からロシアンカーフが見つかりました。この帆船は1786年に嵐に襲われて沈没したため、発見・回収されるまでに実に200余年もの間海底に沈んでおりました。現在では引き上げられた分のみが流通し、その皮革は小物や靴、鞄等に形を変えて世界各地で愛されています。

ホーウィン社製ロシア/ハッチグレインはこのロシアンカーフを研究し、牛革を原料として独自の解釈で再現した皮革です。長い歴史を持つホーウィン社の確かな経験や知識、そして現代の技術を用いて、単なる模倣というものではなく、1つの優れた皮革として通用するほどの地位を得ています。表面はダイヤのような菱形の模様が施され、その模様は細かく凹凸が浅めに抑えられていることで非常にエレガントな雰囲気です。靴にも使用されるほど耐久性・撥水性にも優れ、使い込む程に色味が1トーン深くなりながら上品な艶が上がり、より風格のある表情に変化していきます。

【ケア方法】
●基本的にクリームをお入れになる必要はございません。自然なエイジングに任せ、定期的にブラッシングや柔らかい布で乾拭きを行ってください。長期間の使用後、表面が乾燥してきた場合は米粒1粒~2粒程度の量のクリームを布に取り、一度布に馴染ませてから全体に伸ばし、柔らかい布でよく磨いてください。

【推奨ケア用品】
●ウォーリー クリームエッセンシャル●コロニル 1909シュプリームクリームデラックス、または プレミアムディアマント 無色●馬毛ブラシ、山羊毛ブラシ

【ご注意点】

●水濡れについて
革は多量の水分を嫌います。多量の水分はカビの原因となり、放っておくとカビが革繊維の内側に根を張り、完全に取り除くことが難しくなります。もし濡れてしまった場合は、すぐに乾いた布で拭き取り、陰干しをしてください。(※ドライヤーや日光に当てるなどの急速乾燥は、革の風合いを損ねる原因となりますので、くれぐれも行わないようお願い致します。)

●汗について
汗に含まれるアンモニアは艶を消し、状況によっては表面に「ブク」と呼ばれる水膨れを作る可能性があります。ブクは修復することが出来ませんので、夏場に長時間ズボンのポケットに入れてのご使用はなるべくお避けください。ご使用中、多量の汗の染み込みを感じられましたら、固く絞った布で水拭きし、その後柔らかい布で乾拭きしてください。乾拭きを終えてもカサつきや曇りを感じましたら、製品が完全に乾いた後でクリームを全体に薄く塗布し、柔らかい布やレザーグローブ等で力を入れず乾拭きをしてください。

●移染につきまして
衣類と強い摩擦が生じますと色移りの可能性がございます。また汗や雨などによって製品が湿っている状態ですと、比較的弱い摩擦でも色移りいたします。白色などお色味の薄いお召し物には十分ご注意下さい。また、長時間紫外線に当てますと退色・変色の原因となりますので、十分にご注意ください。

C.O.U.では様々な種類の革の小物、鞄を取り扱いしております。末永くご愛用いただくために、各種素材についての特長とお手入れ
方法をご用意いたしました。日々のお手入れのお役に立ていただければと思っております。
店頭でもメンテナンスを行っておりますので、ご不明の点がございましたらいつでもお気軽にご相談下さい。

WILDSWANS